企業理念
lo.png
lo.png
​企業理念は、Purpose(存在意義)、Vision(目指す未来)、Culture(5つの文化)で構成されています。
​>
​>
基本を知る

Purpose  ​存在意義

「自立と多様性の力で、地域を笑顔で満たす。」

Vision  ​目指す未来

Vision 1

「自分らしさ」あふれるチーム

Vision 2

​医療、福祉を通じた「まちづくり」

Vision 3

世代を超える「ヒューマンサービス」

Culture  5つの文化

自己対峙

他者信頼

自己表現

自己変容

Fun!

   Purpose

​存在意義

「自立と多様性の力で、地域を笑顔で満たす。」

「自立と多様性」

様々な価値観の渦の中で、自ら意思を定め生きる。

愛と厳しさに溢れる世界で、”自分らしさ”を表現する。

病や障害は、”自分らしさ”は揺らぎ、弱く脆いものだと私たちに語りかけてくる。

差別や偏見は、”自分らしく”あること、多様であろうとすることの苦しさ、厳しさを訴えかけてくる。

それでも私たちは、自分らしくあることに憧れ、その器である多様性に恋焦がれ、

自分らしさを見失いそうになっても、「器」になることの厳しさに打ちのめされそうになっても、

そこに光と影を見る私たちだからこそ、成せる事があると叫び、もがく。

心に”豊かさ”を添えるパートナーシップの形成を生業とし、人と人を結ぶ旋律を奏でる楽団、

それが私たち。

私たちの存在意義は、

医療・介護福祉を通じて、”自立と多様性”をデザインすること。

自分達の奏でる音で、地域を笑顔にすること。

    ​Vision

​目指す未来

Vision 1

「自分らしさ」あふれるチーム

私たち自身の職場を、「自分らしく」働ける場所に。多様なその人らしさを受け止める「器」としてのチーム。

「自分らしさ」をつなぐことを生業とする私たちにとって、私たち自身が自立すること、「自分らしさ」を表現することは私たちの責務です。自分らしくあるための「自分らしさ」の表現と、その受け皿とも言える多様性という「器」が不可欠という考えの下、その器づくりに全員が関わり、「自分らしさ」あふれるチームを目指して活動していきます。

Vision 2

​医療・福祉を通じた「まちづくり」

まちの”自立と多様性”をデザインすること、まちの”課題”に向き合うこと。

まちの"自立と多様性"をデザインする

それは地方創生と地域共生社会を一体的にデザインすること。子ども、高齢者、住む場所や性別、病や障害の有無という垣根を越えた多元・多層的なコミュニティを探求し、持続可能で活気に溢れる地域の未来を関わる人々とともに共創します。

 

まちの"課題"に向き合う

自分たちの専門性や職域を超えて、地域社会に存在する健康、人権、貧困といった地域課題の解決に正面から取り組みます。目指すところは、多彩な社会参加や就労機会の創出をもたらすソーシャルファームとしての企業体です。

Vision 3

世代を超える「ヒューマンサービス」

「知識」は「技術」となり、やがて「知性」を纏い、人から人へと受け継がれて行く。

​マーケティングも、売り上げ目標もいりません。

自分たちが欲しい、自分たちも受けたいと思えるサービスを、実直に追い求めること。それを、必要とする人の下へお届けすること。どんなに時代が変わっても、どんなにテクノロジーが発展しても、自分たちが理想とする”ヒューマンサービス”を、100年先の世代まで受け継ぎ、届けたいと思っています。

   ​Culture

​5つの文化

自己対峙

知ってみよう。

自分が何を思い、何を感じているのか。何のために、誰のために、自分がどうしてここにいるのか、どう在りたいのか。ダイアローグを通じて自分と向き合い、心の声に耳を傾ける機会を作ろう。

他者信頼

​信じてみよう。

当人のいない場所で、当人の解釈について話しはしません。ありのままに、お互いがここに存在する巡り合わせに感謝し、それを安心して受け入れよう。今この瞬間、時間、空間をともにする人を、目の前にいる人を、ただただ信じてみよう。

自己表現

伝えてみよう。

お互いの想いや考えを言葉にし、表現してみよう。どこにたどり着くでも無い、自由で開かれた対話をしよう。まずはお互いの気持ちを知ること、言葉を交わしてみること、相手を理解できなくとも理解しようと努めること、そして、認め合うこと。

自己変容

変えてみよう。

人を変えようとするのではなく、人との関わり方を変えること、人と人との”間”にある仕組みに作用すること。それが他者貢献の本質であり、それを「他陽力」と呼ぼう。光となるも、影となるも、すべては自分と他者の”間”のデザイン次第。

楽しんでみよう。

困難にもまっすぐに、ど真剣で向き合いながら、一歩を踏み出し楽しんでみよう。楽しむ勇気を持とう。苦しさや大変さを超えたその先に「Fun!」を、楽しさをもっと広げよう。

Fun!