市民講座


こんにちは、理学療法士の松村です。


10月11日に名張市が主催する在宅医療入門講座で市民の方々に「介助のコツ」についてお話をさせて頂きました。テーマを頂いた際に「何を話そうか?」と考えましたが、お伝えした内容は介助について普段から自分たちがステーション内で共有しているポイントや、ご本人やご家族に介助アドバイスをする際に重要視している点を実際に体験して頂きながらお話させてもらいました。


あゆみの内での介助ケアで重要視している点は、「24時間の在宅ケアにおいて三方良し(ご本人、ご家族、そして自分)の介助ケアについて考えて行動ができる」ことです。つまり、この三方が安楽な介助ケアでなくてはなりません。常にケアされる側を考えた介助ケア、そして自分が安楽に介助ケアをできる為の体の使い方、ご家族への的確な介助アドバイスを大切にしています。介助や介護は毎日続くもので、どうすればお互いが無理なく長く継続できるのかが大切です。


講義中は、日々の介助での困り事のヒントになってもらえたらと思いながら話をさせて頂きました。みなさんがうなずきながら聞いて頂けている場面も多くあり、実際の介助に役立つ機会となれば幸いです。


あゆみのスタッフは、地域の介護分野の講座や施設内研修での講師等もさせて頂いております。ご興味、ご希望ある方はご連絡下さい。


理学療法士 松村昭彦



閲覧数:4回